ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

Csr (証明書署名要求) を生成 Server 2007 を交換します。

Microsoft Exchange 2007 サーバー、SSL証明書を要求すると、証明書署名要求(CSR) 必要があります。お客様の web サイトの CSR を生成する手順に従ってください。CSR を生成すると、コピーで CSR フィールドにペーストして、SSL証明書要求ページ。

注意:2 つ以上のドメイン名を保護する必要がありますので、Microsoft® Exchange Server で、複数ドメイン ユニファイドコミュニケーション証明書 (UCC) を使用することをお勧めします。

  1. 「」をクリックします。開始,すべてのプログラムそれからMicrosoft Exchange Server 2007.
  2. 「」をクリックします。Exchange 管理シェル.
  3. 次のコピーはコマンドをいくつかのフィールドの編集を Windows® のメモ帳のようなテキスト エディタにペーストしています。

    New-ExchangeCertificate -generaterequest -keysize 2048 -subjectname "c=Your Country, l=Your Locality/City, s=Your State, o=Your Corporation Name,cn=YourMainDomain.com" -domainname SubjectAlternativeName1, SubjectAltName2, SubjectAltName3, SubjectAltName4 -PrivateKeyExportable $true -path c:\certrequest.txt

  4. 以下のフィールドを更新するには。
    • c-2 文字の国コードお住まいのお客様の組織の国の
    • l— お客様の組織の地域や都市名
    • s-お客様の組織の州または都道府県名
    • o-お客様の組織の法的に登録されている名前 (会社または個人の最初と最後の名前)
    • cn-最初/メイン完全修飾ドメイン名 (FQDN) 安全を確保するのには常に証明書の詳細で表示されます。
    • -domainname— コンマで区切られたリストの追加ドメインは、証明書に含まれ、サブジェクトの別名 (San) と呼ばれること。使用する San 決定しているサービスによって異なります。すべてを適切に保護するサーバーの構成方法を把握する必要があります。しかしの設定に応じて、以下の San を追加することを検討してください。
      • 外部は、メールの送受信に使用する人を名前します。mail.coolexample.com.どこcoolexample.comドメインが最適です。
      • 完全修飾ドメイン名:coolexample.com.どこcoolexample.comドメインが最適です。
      • 自動検出サービス (Autodisover は、携帯電話やその他のサービスを使用してプロファイル設定を自動的に構成) の名前:autodiscover.coolexample.com.どこcoolexample.comドメイン名です。
      • Outlook Web アクセスを使用します。owa.coolexample.com.Coolexample.com がお客様のドメイン名です。

      注意:新しい CSR を追加または SAN を削除するたびに要求する必要はありません。弊社の SSL の管理コンソールを SAN を加えたり削除したりするたびに新しい Csr を生成することがなく San を管理できるようになります。

    • -PrivateKeyExportable $true-顧客のコンピューターまたは別のサーバーにインポートすることができますので、要求された証明書のエクスポートを有効にする場合は、次のコマンドをしてください。
    • -path c:\certrequest.txt— 完了して生成されたときに生成された CSR ファイルを保存する場所です。この例では、CSR を作成したらでご確認、C ドライブのルート。
  5. コマンドを編集が完了したら、Exchange 管理シェル ユーティリティにペーストして、ヒット入力してください。キーを押します。
  6. あなたのThumbprintCSR の作成に成功した場合に表示されます。
  7. 証明書のインストールを解決する必要がある場合、Thumbprint のコピーを必要があります。コピーしてを右にマウスをクリックしを選択してください。マーク、、Thumbprint、強調し、入力してください。キーを押します。
  8. 検索、コピー、およびオンライン アプリケーションに CSR をペーストします。
    • .Req ファイルを選択してコピー右クリックを取得開く、からのメモ帳ファイルなどをテキスト エディタを選択します。
    • すべてのテキストを認めて新しい証明書要求を開始する認めてを含むと認めて終了証明書の要求によって、当社のオンライン要求フォームに貼り付けます。

次のステップ

詳細情報


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。