メインのコンテンツへスキップ
お電話ください
電話番号と時間
ヘルプセンター

GoDaddyのオンラインヘルプリソースを検索

ヘルプ

GoDaddy ヘルプ

このページをご利用いただけるよう、最善を尽くして翻訳しております。 英語のページもご用意しています。

WordPressの内部サーバーエラーを修正する

内部サーバーエラー(ISE)は、500エラーとも呼ばれ、WordPressサイトを表示できないときに表示される一般的なエラーメッセージです。古いバージョンのWordPressでは、ISEがエラーの詳細なしで空白の白いページとして表示される場合もあります。このエラーはさまざまな理由で発生しますが、通常はWordPress、プラグイン、テーマ、またはサイトの制御ファイルのいずれかとの競合が原因です。これは通常、更新後に発生します。

ISEの原因を特定して解決することは、多くの場合試行錯誤の繰り返しです。以下に、エラーの原因を特定する方法のいくつかと、各プロセスの手順と解決方法を説明する記事へのリンクを示します。

注意:この記事では、FTPアプリでホスティングに接続する、ファイルを編集または無効にする、データベースに変更を加えるなどの高度なトラブルシューティング方法について説明します。このエラーを自分で修正したくない場合は、弊社のWordPressプレミアムサポートチームが解決します。

警告:トラブルシューティングや変更を行う前に、必ずサイトのバックアップを作成してください。

.htaccessファイルを無効にする

ISEの最も一般的な原因の1つは、.htaccessファイルの破損です。 .htaccessは、WordPressがサーバーとの通信に使用する制御ファイルです。 WordPress、プラグイン、テーマはこのファイルに変更を加えることが多く、ファイルが破損する場合があります。

ISEのトラブルシューティングを行う際は、まず.htaccessファイルを無効にしてから、プライベートブラウジングモード( Chrome / Firefox / Edge )でサイトにアクセスします。エラーがなくなった場合は、パーマリンクをリセットして、新しい.htaccessファイルを自動的に作成してください。

注:一部のファイル管理アプリでは、.htaccessファイルがデフォルトで非表示になっています。 cPanelまたはFileZillaを使用する場合、ファイルが表示されない場合に隠しファイルを表示するオプションを必ず有効にしてください。

メモリ制限を増やす

ホスティングアカウントは、実行中のPHPに一定量のメモリを割り当てます。これは、WordPressサイトが機能するために必要です。サイトのサイズや使用するプラグインの数によっては、サイトでデフォルトのPHPメモリ以上のメモリが必要になる場合があります。

これを行うには、FTPでホスティングアカウントに接続し、wp-config.phpファイルでWordPressのメモリ制限を増やします(サイトが管理WordPressホスティング上にない場合は、手順1をスキップします)。

WordPressのメモリ制限を増やしても解決しない場合は、PHPのメモリ制限を256Mまたは512Mに増やしてみてください。

すべてのプラグインを無効にする

WordPressプラグインは、相互に、アクティブなテーマと、またはご使用のバージョンのWordPressと競合したり、ISEになる可能性があります。これは、WordPress、アクティブなテーマ、またはプラグインのいずれかを更新した後に発生する可能性が高くなります。

プラグインが問題の原因かどうかを確認するには、 wp-contentフォルダーで、 pluginsフォルダーの名前をplugins.renamedに変更し、プライベートブラウジングモードでサイトにアクセスします。正しく読み込まれる場合、問題の原因はプラグインのいずれかです。エラーが解決しない場合は、別の原因が原因です。

プラグインがあるフォルダの名前をpluginsに戻し、問題の調査を続けます。プラグインが原因である場合は、個々のプラグインを無効にして、エラーの原因となっているプラグインを特定します。

問題のあるプラグインを引き続き使用する場合は、FTPを使用して最新バージョンのプラグインをアップロードし、有効にします。プラグインが更新されます。更新がうまくいかない場合、以下を試してください:

  • wordpress.orgのWordPressプラグインリポジトリでプラグインを検索します。プラグインのホームページで、 「サポートフォーラムを表示」を選択します。フォーラムで問題に固有の解決策を検索してください。
  • 別の場所からプラグインを購入した場合は、プラグインの開発者が提供するドキュメントを確認してください。

WordPressコアファイルを再アップロード

注意:サイトがManaged WordPressホスティング上にある場合は、WordPressコアファイルがホスティングプランにプリインストールされているため、このセクションはスキップしてください。サイトを安全に保つために自動的に更新されます。FTPに置き換えることはできません。

更新中にWordPressコアファイルが破損し、内部サーバーエラーが発生する場合があります。 WordPressコアファイルを再アップロードして、問題の原因となっていないことを確認します。

WordPressリポジトリから現在使用しているのと同じバージョンのWordPressをダウンロードし、ローカルコンピュータで解凍し、FTPでホスティングアカウントに接続し、wp-adminおよびwp-includesフォルダを転送(上書き)します。

注意:サイトで使用しているWordPressのバージョンがわからない場合は、 wp-includesフォルダにあるwp-version.phpファイルを確認してください。

デフォルトのWordPressテーマに切り替える

上記の方法で問題が解決しない場合は、テーマが原因で競合が発生している可能性があります。テストするには、 TwentyTwentyTwentyTwentyOneなど、デフォルトのWordPressテーマのいずれかに変更します

注意:デフォルトのWordPressテーマがインストールされていない場合は、FTPでインストールして、データベースでアクティブ化できます。

デフォルトのテーマに切り替えた後にサイトが適切に読み込まれる場合は、通常のテーマを最新バージョンに更新してアクティブ化できます。

テーマを更新しても問題が解決しない場合は、以下を試してください。

  • wordpress.orgのWordPressテーマリポジトリでテーマを検索します。テーマのホームページで、 「サポートフォーラムを表示」を選択します。フォーラムで問題に固有の解決策を検索してください。
  • 別の場所からテーマを購入した場合は、テーマの開発者が提供するドキュメントを確認してください。

その他の情報