ヘルプ

SSL証明書 ヘルプ

Microsoft Exchange Server 2007にSSL証明書をインストールする

SSL要求の確認が終わり証明書が発行された後、提供されたすべてのファイルをダウンロードしてインストールします。 インストールを完了するためには、すべてのファイルをMicrosoft® Exchange Server 2007にインストールする必要があります。 詳細についてはSSL証明書をダウンロードするを参照してください。

作業を始める前に、管理者としてサーバーにログインしていることを確認してください。

SMTP、POP、IMAP、UM、IISなどの複数のサービスをセキュアに実行するには、マルチドメイン(UCC)証明書を使用する必要があります。

証明書をインストールするには次の2つのプロセスがあります。

  1. 中間証明書をご自分のサーバーにインストールする
  2. 署名済みSSL証明書をご自分のサーバーにインストールする

中間SSL証明書をインストールするには

  1. スタート」メニューで「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. mmc」と入力して「OK」をクリックします。 「Microsoft 管理コンソール」(コンソール)ウィンドウが開きます。
  3. ファイル」メニューから「 スナップインの追加と削除」をクリックします。
  4. 証明書」を選択してから「追加」をクリックします。
  5. コンピューター アカウント」を選択してから、「次へ」をクリックします。
  6. ローカル コンピューター」を選択して「完了」をクリックします。
  7. OK」をクリックして「スナップインの追加と削除」を閉じます。
  8. コンソールウィンドウで「証明書」フォルダを展開します。
  9. 中間証明機関」を右クリックし、カーソルを「すべてのタスク」にポイントして「インポート」をクリックします。
  10. 証明書のインポート ウィザードで、「次へ」をクリックします。
  11. 参照」をクリックして証明書ファイルを検索します。
  12. 右下の角にあるファイル拡張子フィルタを「PKCS #7 Certificates (*.spc;*.p7b)」に変更します。
  13. 証明書ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  14. 次へ」をクリックします。
  15. 証明書をすべて次のストアに配置する」を選択します。
  16. 参照」をクリックし、「中間証明機関」を選択して「次へ」をクリックします。
  17. 完了」をクリックします。

署名済みSSL証明書をインストールするには

  1. スタート」メニューで、「Microsoft Exchange Server 2007」を選択し「Exchange 管理シェル」をクリックします。
  2. プロンプトに次のように入力して証明書をインポートします。
    Import-ExchangeCertificate -Path C:証明書ファイル.crt

    証明書ファイル.crt」の部分をお使いの証明書の完全パスとファイル名に置き換えてください。

    このコマンドの出力において証明書のサムプリントがコピーできない場合は、次の手順でサムプリントを使用する前に手作業でコピーしておく必要があります。

  3. 次のように入力して証明書を有効にします。
    Enable-ExchangeCertificate -Thumbprint サムプリントをここに貼り付ける -Services "SMTP, IMAP, IIS"

    サムプリントをここに貼り付ける」の部分にサムプリントを貼り付けてください。 この証明書が対応するサービスを引用符を使用して指定します。 有効なサービス識別子はSMTP、POP、IMAP、UM、IISです。 使用しないサービスは指定しないでください。

  4. 「Exchange管理シェル」ウィンドウを閉じます。

SSL証明書がインストールされました。 問題がある場合は、


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。