ヘルプ

ドメイン ヘルプ

MXレコードの追加

MX(Mail Exchanger)レコードDNSゾーンファイルにて設定し、GoogleメールOffice 365などのメールサービスに接続してください。お客様のドメインがGoDaddyネームサーバーを用いている場合で、メールサービスがGoDaddyを通じたものである場合、弊社が、必要なMXレコードを追加します。新規のMXレコードを追加すると、現在のメールサービスについて、既存のMXレコードが干渉を受ける場合があります。

  1. お客様のGoDaddyのドメイン コントロール センターにログインします。(ログインでお困りですか?ユーザー名またはパスワードをご確認頂けます。)
  2. ドメインを選択して、「ドメイン設定」ページにアクセスします。
  3. 追加設定から、DNSの管理を選択してください。
  4. レコードテーブルから追加を選択してください。
  5. タイプからMXを選択してください。

    注意:ドメインは、一度にひとつのメールサービスしか用いることができません。例えば、Office 365またはGoogleメールをドメインで用いることはできますが、同じドメインで両方のメールサービスを用いることはできません。

  6. MXレコードの詳細を入力してください:
    • ホスト:MXレコードのためのドメインまたはサブドメインです。ほとんどのメールサーバーはホストに@を用いていますが、wwwmailのようなサブドメインを用いることもできます。
    • ポイント先:smtp.secureserver.netなどのメールサーバーのアドレス。
    • 優先度:レコードの評価・利用順番です。低いものは高いものの前に読み込まれます。
    • TTL:サーバーが情報をキャッシュする長さです。デフォルト設定は1時間です。
  7. 保存を選択して、新たなMXレコードを保存してください。

変更が全体で有効になるまで、最大48時間必要な場合があります。

関連ステップ

  • 自分にテストメールを送信し、MXレコードが適切に設定されていることを確認してください。DNSの変更が有効になるまでに最大で48時間かかる場合があることにご留意ください。
  • MXレコードに変更を加える必要がある場合は?必要に応じていつでも編集を行うことができます。

詳細


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。