ヘルプ

Linuxホスティング(cPanel) ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

パスワードの .htaccess を使用してディレクトリを保護する方法

.Htaccess ファイルは、Apache HTTP サーバーの構成ファイルです。.htaccess には、一連要求にサーバーの応答を制御するディレクティブにはが含まれています。(「ディレクティブ」とは、ただテキスト コマンド/キーワード値続けてです)。パスワードで保護するためのディレクトリを有効にすると .htaccess の一般的な使用状況の 1 つです。適切なディレクティブ .htaccess を追加するとと web ユーザーでそのディレクトリまたはサブディレクトリ、ファイルにアクセスする、ことが求められますユーザー名とパスワードを。

問題 基本 - 1 |Medium - 2 |高度な - 3
必要な時間 15-30 分
関連の製品 Linux ベース VPS または専用サーバー
cPanel 共有ホスティング
Linux ベースの Web & クラシック ホスティング

レシピ

想定 AllowOverrideAuthConfig が有効になっている次のようなディレクティブ ファイル内のメインの構成、パスワードでユーザーの基本認証を保護するのには、現在のディレクトリ ツリーを有効には blake:

AuthType Basic
AuthName "Protected Area"
AuthUserFile /usr/local/passwd/password.file
Require user blake

AuthTypeディレクティブは、ユーザーの認証に使用する方法です。基本は、ユーザー名とパスワードをネットワーク上で、オフで送信します。ネットワーク経由で、ユーザー名とパスワードを保護する場合は、ベーシック認証では、SSL (mod_ssl) を使用します。

使用して、 AuthName どのパスワードを入力する必要があります、ユーザーを識別します。同じ領域に複数の独立したディレクトリ ツリーは、1 つのパスワードを保護できます。ユーザーは領域のパスワードを入力したと URL のサーバー名の部分を変更しない限り、もう一度彼ら求めことはありません。

推測する可能性があります、として、 AuthUserFile パスワードを検索する場所を定義します。Htpasswd コマンドを使用してパスワード ファイルを作成します。ユーザーのグループを定義できるようになります中よもできます。個々 のユーザーを識別することがなくグループ名で、ディレクトリを保護できます。

AuthGroupFile /usr/local/passwd/groups.file
Require group admin

Groups.file ファイルから指定されたパスワード ファイルの各ユーザーのパスワードを維持する場所グループし、次のようなユーザー名のリストで構成されるというテキスト ファイルでは、 AuthUserFile ディレクティブ。

admin: blake sally patrick

Requireディレクティブはディレクトリ ツリーへのアクセス権を識別する方法です。基本的な使用状況は、有効なユーザーであれば、ユーザーのリストまたはグループのリストへのアクセスを制御するされます。

Require valid-user
Require user userid1 [userid2] ...
Require group group1 [group2] ...

ようなディレクティブとアクセスを制御する方法を追加も SatisfyAllow 。場合は、お客様のニーズに十分でないを必要と、その他のディレクティブをご確認ください。

経由で基本的な認証を使用 .htaccess 注意してください。これはユーザーの小さなセットの稼働可能性がありますも拡張性がないです。OAuth サーバーを使用して多数のユーザーの運用環境のようなものを検討してください。

基本認証では、各リソース要求が必要であるユーザー名とパスワードをパフォーマンスに影響を持つことができる、ページを再読み込みだけでも、検証に注意してください。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。