ヘルプ

Linuxホスティング(cPanel) ヘルプ

ブービ—ブブー...コンピュータ処理中...コンピュータ処理中...シーケンス42を開始します...
やれやれ、クレイジーなロボットたちがまた仕事に精を出しているようです!このページを乗っ取ってあなたの使用言語に翻訳しました。ロボットたちの金属のハートにあるのは本当に善意だけなんです。助けになりたいんです!ページ下のボタンから、ロボットの様子を見てみましょう。 英語版に進む

ファイル拡張子ハンドラー/言語 (Linux) を変更します。

別の言語でファイルを処理するアカウントを、Linux Webホスティング。ファイル拡張子では、アカウントのデフォルトを決定します。たとえば、お客様のアカウントは処理で終わるファイル.htmlPHP バージョン (末尾) ファイルの処理、静的 HTML とアカウントの初期設定.php.

更新することができます、Apache ハンドラーで、.htaccessファイルまたはアカウントの初期設定ファイル拡張子の動作を変更するには、カスタム拡張子を追加できます。

ダイナミックな言語のデフォルトの次の表を参照してください。

拡張子 ハンドラ バージョン
.php x-httpd-php デフォルトの PHP バージョン
.php5 x-httpd-php5-3 PHP 5.3
.pl, .rb,
.py, .cgi
cgi スクリプト 言語に依存します。
.fcgi, .fpy,
.fpl
fcgid スクリプト 言語に依存します。


警告:予期しない結果によって得られるホスティング アカウントでファイル拡張子のデフォルトの動作を変更すると、ソフトウェアをインストールを無効にする可能性があります。この高度な機能は、経験豊富なユーザーのみを目的としています。

いくつかの拡張子準備が必要言語に固有スクリプト (例えば、スクリプト CGI、FastCGI で使用)、この記事の範囲外です。

デフォルトの拡張子を変更します。

アカウントの初期設定ファイルの拡張子の動作を変更するには更新して、.htaccessファイルをハンドラをします。

例えば、バージョンの PHP 拡張子を開く場合.php、変更したいとPHP 5.3、ホスティング アカウントの次のコードを追加.htaccessファイル:

AddHandler x-httpd-php5-3 .php

同様に、FastCGI 拡張子を持つすべてのファイルを処理する場合.pl、ホスティング アカウントの次のコードを追加.htacessファイル:

AddHandler fcgid-script .pl


カスタム ファイル拡張子の作成

ホスティング アカウントの更新、カスタム拡張子を作成することも可能.htaccessファイルをハンドラをします。

たとえば、次のコードを追加する場合、.htaccessファイルを PHP 5.3 では、カスタム拡張機能を処理します。.mysite:

Options +ExecCGI
AddHandler x-httpd-php5-3 .mysite

FastCGI を無効にします。

この方法で、以下を入れて FastCGI を無効にすること、.htaccessファイル:

Options +ExecCGI
addhandler x-httpd-php5-cgi .php

弊社 cPanel 共有ホスティング アカウント (FastCGI を無効にすることはできません。詳細情報) または PHP バージョン 5.3 以降 (を使用して Web/Classic アカウント詳細情報).

ここをクリックしてください。Apache ハンドラーについての詳細。


この記事は役に立ちましたか。
フィードバックへのご協力ありがとうございました。 お客様サービススタッフとお話しになりたい場合は、上記のサポート用電話番号またはチャット機能をご利用ください。
お役にたてて光栄です! 何か他にできることはありませんか。
それはすみません。 わかりにくい点や、解決策で問題が解決できなかった理由等を教えてください。